昭和が思い出深い!

第2次戦後、驚くべきスピードで復旧した和風…。高度景気発展の一方で、公害や実情不幸などの苦しみも多かった時期ですが、戦争の悲惨さを知っている人様がたくさんいたからでしょうか、日々の当たり前のライフスタイルの中に至福を感じられた時代のような気がします。
「もったいない」「有難い」「WinWin」「お世話になる」こんな感が今は希薄になっているように思えてなりません。
NHKの朝ドラ「ひよっこ」を見ていると、昭和の善良な大衆の持っていた価値観が伝わってきて、やっぱり泣けてしまいます。損得抜きで他者を思いやるモチベーションが胸にしみます。
どうしても裕福なライフスタイルではないけれど、優しい情にあふれた中で育ったキャラクターの実直で健気な応対を見ていると、指南というもののあるべき姿を感じてしまう。本当に、身近な成人がモデルとなることが大切なんですよねぇ。
国家を良くするために勤めるはずの政治アパートの応対にもガッカリできるばかりです。
国会生録を見ていると、パートナーを攻撃する悪意ばかりが感じられます。これが小学生の学級会なら、「一層みんなで仲良くフォローできないの!」と医者に一喝浴びるところではないでしょうか。寝ている人様や野次を移す人様もいるし、学級悲劇階段かもしれませんね。
昭和には、一段と迫力や痛烈代表性を有する政治アパートがいたように思います。
昔は良かった…としてしまうのは階級を取った証拠なのでしょうね…。「昭和は遠くなりにけり」だ。

渋谷 脱毛 予約